太陽はカウンセラー


最近は暖冬ということで暖かさのある冬が続いていますね。

今日からは寒冷前線と北風の影響で、夜にはとてもさむくなるようです。



今日は自然の中にある、本当は当たり前だけど意識すると難しいことについてお話します。


毎年冬になると無性に食べ物を食べたり寝すぎたりする、「冬季うつ」という症状をご存知でしょうか。

暖かい夏から季節が変わり、今はほとんど無いに等しい秋を迎えて冬になる。
実はこの間に部屋や服だけでなく、心も衣替えしています。



冬になると日照時間が短くなりますね。
つまり太陽に当たる事が出来る時間が少ないという訳です。

太陽は身体にスイッチを入れて元気を出させるどけでなく、心にもスイッチを入れて前向きにさせてくれます。


冬季にうつ状態になる方が多いのは、この太陽があまり一緒にいられなくなることも原因の一つと考えられています。



この冬季うつをどうやって克服するか。



それは本タイトルの通り、太陽のカウンセリングを受けるという方法がてき面と言えます。


冬季うつの症状がある方は南へ旅行に行きましょう。


たったそれだけでも効果があります。
自分が住んでいる所より太陽の当たる場所へ。

旅行がお金的にも時間的にも無理という場合は、午前中30分以上、必ず外で太陽を浴びるようにしてみて下さい。

往復30分でも構いません。
外に出ることが大切です。



自分がどのような状態なのかわからない、でも心がモヤモヤしたり落ち込んだりする時が多い。
そんな時は太陽というカウンセラーに相談してみましょう。


太陽でも無理だった場合は、是非私にお話をお聞かせ下さい。