ネット心理カウンセリング  
       ~木漏れ日の窓~

心理カウンセラーによる

電話・メール相談

 

■一人で抱え込まないために■

 

当カウンセリングルームは、

 

・日々の生活で悩みや苦しみを抱えている

・クリニックに出向く時間がない

・話相手が欲しい

 

という方向けの「悩みを解決するために自分自身と向き合う」ことを目的とした場所となっております。

 

是非お気軽にご連絡下さい。

 

 

→お問い合わせは右側の欄にて、氏名・メールアドレスを記入の上、メッセージ欄に内容を記入し、送信ボタンを押して下さい。

 

 

------------------------------------------------------

 

カウンセリングと聞くと堅苦しいイメージや、

病を持つ方が利用する場所と考える方は多くいらっしゃいますが、

 

仕事や家事の合間、学校の行き帰りの時間などに、

ふと携帯電話を手に取ってメールをするだけでも、

心にゆとりが生まれます。

 

それは友人や知人に話を打ち明けたり相談したりする時のように和やかで、

かつカウンセラーの知識と経験を生かした心の問題への前向きな姿勢へと変化する時間となるのです。

 

 

客観的な視点や自分が抱えている問題への解決策を、

親身になって考えていきます

 

電話でもメールでもやりやすい方法で、

ご自身のお気持ちや考え方、現状への感情をお聞かせください。

 

 

何か少しでも日々の生活で悩む物事がありましたら、お気軽にご相談ください。

 

 

コメントも随時受け付けております。

 

 

→お申込みはコチラ

 

 

-----------------------------------------------------

-----------------------------------------------------

※以下からは最新のブログ記事となります。

カウンセリング関連やカウンセラーである前田の

私生活・趣味について書いておりますので、

読んで頂けたら幸いです。

-----------------------------------------------------

-----------------------------------------------------

 

 

ネットカウンセリングのすすめ

仕事や家事が忙しくカウンセリングに行けない、そうお悩みの声をよく聞きます。合間に行くにも良い診療所がない・近所だと知り合いの目が怖いという方はとても多いです。今回はそんな方におすすめの、通院せずにカウンセリングを受けるメリットについてご紹介致します。

 

昨今とても身近なものになり、今やなくてはならないインターネット、それは遊びやビジネスのツールであると共に、コミュニケーションやカウンセリングの手段にもなっています。インターネット上であれば遠方の人とも気軽にやりとりが出来ますし、足を運ばなくても通院することが出来ます。

自分のペースでコミュニケーションをとることが出来るため、インターネットはとても画期的でなくてはならない道具なのです。

 

悩みをそのままにして毎日をお過ごしの方も、誰かに聞いて欲しいけどどうしたらいいのかわからないという方も、パソコンや携帯電話で気軽に心理カウンセリングを受けることが出来ます。

 

通院となると手間になってしまい、なかなか腰が上がらないのも仕方ない話です。しかしそのままにしているのも心には良くありません。

 

まずはお試しにということも、インターネット上では手軽に行うことが出来ます。自分に合ったカウンセラーを見つけるということも可能です。

 

 

日々生活をしていて、心に余裕がないなと感じたら、是非インターネットでのカウンセリングを受けてみて下さい。

 

 

 

カウンセリングを受ける上での準備について

心理カウンセラーとの対話でとても大切なことは、相手のカウンセラーに対して心を開くことです。こんな風に思われたらどうしようと考えてしまうと、ありのままの自分を見てもらえなくなるからです。

 

心理カウンセラーと対話をする前に必要なものは、伝えたいことを書いた紙です。当カウンセリングルームはインターネットが基準であるため、面と向かって対面でお話をするわけではありません。ですが、だからこそ必要なのが、伝えたいことを存分に伝えることなのです。

 

もちろん、対面式でカウンセリングを行える場所に行った時も同様です。

 

 

紙に書くことがなぜ一番大事なのか、それはその時の感情を紙に与えることが出来るから。今起こっていて悲しい気持ちになっても、数日後に感じる悲しみとはまた別のものになります。その時に紙に書いていると、自分の気持ちを紙に書いたり何が起こったのか書いたり、詳細な情報を書くことが出来ます。

 

カウンセリングの際に後から思い出しつつ話をするより、カウンセラーにより細かい詳細を伝えることが可能になります。

 

紙に書くと自分の感情整理にもなり、客観的に自分の悩みを見つめることが出来るので、とても良い方法です。

 

 

心理のカウンセリングを受ける際には、まず心情を紙に書いて、心の準備をしてみましょう。

 

 

 

自分への負荷を軽減するために

心理カウンセラーをやっていて一番思うことは、心に負担をかけて生きている人がとても多いということです。

 

 

生きていると必ず色々なことが待ち構えています、それは確実なことです。良いことも悪いことも起こりますし、特に何も感じないということも起こります。

起こる出来事の色は、自分のものさしが決めます。人から見たら問題ない出来事でも、自分にとっては大きな山場であることもあります。

 

大事なのは周りに振り回されず、自分を持つこと

 

自分が選んだ道なら納得出来ますし、自分が選んだからこそ責任も自覚出来ます。

人に決められたり指図されたりすれば、後から不満は生まれやすくなります。

 

 

学校でも社会でも、人と合わせることが必要になる時がありますが、それは人と同じものを選ぶという自分の意志が作った選択です。決して命令ではありません。

 

いじめやパワハラは強制的な他人の意思決定が入ります。それは自分の意志だけではどうにもなりません。

 

自分の意志を明確にするためには、紙に書きだすか人に話すことが一番です。本当はどうしたいのか、本当はどうしたら自分が笑顔になれるのか、考えてみて下さい。

 

 

自分の意志がわかるようになると、毎日の暮らしが思った以上に楽しく、また心が軽く穏やかになったと実感出来ます。まずは心に負担をかけているのは自分なのか相手なのか、もし強制的な選択をいじめやパワハラで選ばされているのであれば、然るべき対応をする必要があります。当カウンセリングへの相談もその中の一つです。

 

自分だけで抱え込まず、人に話をして自分の意見を再認識してみましょう。

 

 

 

0 コメント